• 目的別の電子機器開発

    電子部品を使った電気製品は数多くあります。
    現在では電子機器でないものを探す方が難しいかもしれません。


    そのような電子機器を新たに作るためにはいくつかの目的に分類に分けることができます。新規の電子機器開発は、ベースとなるものがないため使用する電子部品や基板実装、完成品のサイズやその他の部品の選定まですべてを検討する必要があります。


    時間もコストもかかるため、長期計画を策定して進めます。


    小型化や軽量化、省電力化などの改良のための電子機器開発があります。ベースとなる電子機器から目的とする改良が達成できるように部品の選定や基板の設計を行います。改良の目標値を決めて、それを達成できる方法を検討することから始まります。

    ある程度の方向性が決まってから試作による検討を行います。



    製造効率の改善が目的の場合は、現場を監視した結果から問題となっている工程を割り出し、その改善案を検討します。

    nanapi関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

    例えば基板の固定に問題がある場合には、留め具の改良などを行います。

    もっとも短時間で行わなければならないのがトラブル対応のための電子機器開発です。


    納品した市場の電子機器に不具合が発生してその解決をしなければならない状況です。



    このような状況では、元々の開発に関係した人の他に同程度の技能を持った無関係の担当に任せる方が適切です。

    先入観にとらわれず不具合の原因究明ができるため、真の原因に気がつきやすいメリットがあります。


    そのため、外部に委託することも検討します。