• 電子機器開発の基本的な流れ

    現在の生活ではあらゆるところで電子機器が使われています。



    電子機器開発を行うときには、まずハードウェアとソフトウェアに分けて考えます。

    目的に合わせてハードウェアを選定します。必要なセンサーや制御機構、駆動機構、電源など選びます。

    それを組み合わせて動かすためのソフトウェアを製作します。最終的な大きさを想定してそれぞれのハードウェアの配置を考えます。

    位置関係が決まったら、それぞれをつなぐ回路を設計します。電子機器開発で重要なのが回路となる基板の設計です。


    できる限り基板に実装した方が量産するときに効率が良くなります。
    また、基板の回路やチップなどの配置によって電磁波や温度の滞留などが発生して問題になることもあります。
    効率よく作るためにはそれなりの経験や知識が必要になります。
    これらのすべてのことが決まったら試作をして問題がないか確認します。
    試作の作成には時間や費用がかかるため、コンピュータなどでシミュレーションできる部分はできる限り済ませておく方が効率的です。

    NAVERまとめについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

    すべての問題が解決したら、量産に向けて組み立てやすさの検討を行います。



    最終的なコストに影響する割合は人件費が大きいため、短時間で組み上げられることが重要です。


    量産化ができたら基本的には完了ですが、ある程度数を製作したらより効率の良い組み立て方がないか、コストを下げられる部品はないかなどの見直しが必要です。


    このようにして電子機器開発は行われます。

  • 技術の実態

    • 電子機器開発を行うためには専門の知識が必要です。電子工学の知識はもちろん大切ですが、それだけでは十分ではありません。...

  • 技術関係の情報

    • 電子部品を使った電気製品は数多くあります。現在では電子機器でないものを探す方が難しいかもしれません。...

  • 初心者向き技術

    • 電子機器開発の中でも中心となるのは電子回路を設計する事と電子部品を実装するためのプリント基板開発になります。プリント基板には部品を実装するためにスペースと電子回路でもある電流の流れ道となるプリントパターンがあり、電子部品は半田付けにより固定が行われている電子部品の集合体です。...

  • 技術の特徴紹介

    • 自動車の製造工程の中では自動化が図れているケースが多くなっていますが、携帯電話やスマートフォンなどのような電子機器組立の工程の大半は人が作業する工程が多くあります。電子機器と言うのは電子回路を使って機能を持たせるものであり、電子回路には電子部品と言われる小さな部品が必要です。...